読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROUTE85

なんでもかんでも書いていく

バカとこの国

    テレビのニュースはいまいちピンとこない。本当にこの国のメディアなんだろうかと疑問に思うことも多々ある。だからと言ってネットのニュースがいいかといえば、それもまた違う。右に寄り過ぎたり、おかしな切り取り方や見出しも多い。

    じゃあどうするかといえば、まあ結局自分で咀嚼して理解するしか今のところ手立てがない。完全に事実だけを伝えるメディアがあればいいが、ないんだから仕方ない。

    ただ問題は、この国の多くの人にそれだけの時間の余裕があるかってこと。毎日忙しく働く人たちにそんな面倒なことができるだろうか。もっと言うとこの国には意外とバカが多い。文章をなぞることはできても読むことは出来ないような輩だ。そんな人たちに咀嚼しろ、と言っても「咀嚼ってなに?」というところから始めなければならない。

    彼らは与えられた情報を鵜呑みにするか、謎の誤変換をして解釈するばかりだ。そしてタチが悪いのはそういうバカは声がでかく、安っぽい感動話やなんかに流されるタチで、何より多くの場合多数派だということだ。

    現在この国では団塊以前の老害がのさばり、権利という言葉をはき違えた女が叫び、東アジアの工作員が跋扈している。アメリカやEUも人種的な問題で路頭に迷いそうだが、どうして我が国もなかなかである。内側と外側、両方から崩れていきそうだ。

    彼らは多数のバカを巧妙に操り、世論を操作し、国を堕落させてきた。これからも情報は氾濫し、バカを呑み込み続けるのだろう。

 

    こないだテレビでやってた日光東照宮の修繕があまりに酷く、「技術大国日本」なんてただの幻想だと思った。技術者や職人を追い出し続けた結果だろう。

    この国はどんどんと衰退していくばかりなのか。